top page



プロフィール

Yo./Namikaze Project

Namikaze Projectの萌え系プログラマ。ご意見などありましたら、記事にコメントあるいは、twitter(@yo_namikaze)、メール(yo@namikaze.org)にお願い致します。


開発環境など

C++, Blender, Unity, DirectX, Windows7

カレンダー

<   2014年1月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

旧ブログへのリンク

Yo.'s Game Development Diary

購読(RSS)

Powered by Movable Type 5.2.9

2014年1月アーカイブ

メダルプッシャーを作る (Blender Game Engine)

| コメント(0)

Blender Game Engineのロジックブリックを使って、メダルプッシャーを作ってみました。

参考にしたのはこれです。
iPhoneゲームを20分間で作る【メダルプッシャー編】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12948504

今回、Blender Game Engine版を作るにあたり、Pythonによるスクリプトを使わず、ロジックブリックだけで組むことにしました。ですから、非常に面倒くさいことになっています。

medalpusher1.png



   

Gamekit (OgreKit)

| コメント(0)

GameKit(OgreKit)は、3DエンジンのOgre3D、物理エンジンにbullet、サウンドにOpenALを使用したゲームエンジン。Blenderのアドオンが用意されていて、ロジックブリックを使用可能、スクリプティングをLuaで書けるようにした環境でゲーム作成が出来るようになっている。
エンジンはC++、Luaから呼ぶことも出来る。

ogrekit_2.png

http://code.google.com/p/gamekit/

【インストールメモ】

●OgreKitを拾ってくる。

ここから、最新版のソースを拾ってくる。 http://gamekit.googlecode.com/svn/trunk/

●cmake (http://cmake.org)

たとえば、cmake . -G "Visual Studio 10" とする。
VC++の .sln ファイルが作成される。

●VC++でフルビルド

まず、OGREKIT.slnをVC++で開く。依存関係などのスキャンが入ったあと、フルビルドする。
Expressでもビルドできる。

●Blenderをインストール

Blender 2.69を拾ってくる。 Blenderはzipで拾ってきて展開するのが後々問題が少ないのが経験則。
拾ってきたOgreKitのフォルダに、BlenderAddonフォルダがあるので、配下にあるgame_gamekitフォルダ、data.pyを、Blenderをインストールしたフォルダ\2.69\scripts 以下にコピー。

●Blenderをインストールしたフォルダの直下に例えば、OgreKit\ を作成

●OgreKitの実行ファイルを作成したフォルダ以下にコピー

 Samples\Runtime\Debug\AppOgreKit.exe

●BlenderのAddonを有効にする。

File - User Preference - Addons - Game Engine - Gamekit engine

●Blenderを開く。

●レンダリングエンジンにGamekitを選択。

●Gamekit RuntimeのRuntimeに、先ほどおいたSamples\Runtime\Debug\AppOgreKit.exeを指定



   

Yo Namikaze Channel

アフィリエイト

Twitter

最近のコメント