top page



プロフィール

Yo./namikaze.org

Namikaze Projectの萌え系プログラマ。ご意見などありましたら、記事にコメントあるいは、twitter(@yo_namikaze)、メール(yo@namikaze.org)にお願い致します。


開発環境など

C++, Blender, Unity, DirectX, Windows7

カレンダー

<   2014年11月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

旧ブログへのリンク

Yo.'s Game Development Diary

購読(RSS)

Powered by Movable Type 5.2.9

[Idinaloq] 進捗 2014/11/10

| コメント(2)

未使用のものも含めた現状のリソースを最大限に生かして、イディナローク(Idinaloq)をWindows7以降のPCで動作させるという、ちょっと後ろ向きなプロジェクトをちょっとだけ進めました。初出からこいつもかれこれ14~5年前なので、レトロ化する前に、今の環境に載せておこうかと思って進めています。Unityで作っていたものは大絶賛放置中で、今作っているのはVC++でガリガリ書いています。なので、残念ながら携帯とかタブレットでは動きません(野望は尽きませんが)。しかし、もともと後ろ向きなので、それで良いのです。

さて、まだ途中ですが、プレイヤー選択画面の実装です。現状、Windows7のウィンドウモード、1024x768の解像度で動作させています。3Dオブジェクト以外、見た目が全く変わらないので、512x384で実装しようかとも考えましたが、あんまりなので、とりあえずこれで進めます。おかげで手間は倍以上かかってます...
オープニングムービーもシームレスにウィンドウ内で動作していますし、ラスタスクロールも出来るようになっているので、ほぼ同じもの以上のものは作れそうです。当時とは比べ物にならない位にサクサク動くので、ちょっと怖いです。音楽はMIDIからwavに変換して使用しています。

見た目は変わらないのですが、プログラムは「ほぼ」書き直しになっています。

idn_20141110_1.jpg

.x のモデルも、.Blenderで扱えるフォーマットに変換して、BlenderでNormalや裏表ポリゴンの確認を行い、importerの都合でテクスチャが貼られていないものがあれば貼りなおして、やっと使えるようになります。
この作業がとても面倒なので、いましばらくは放置する(現実逃避する)ことにしました。

idn_20141110_2.png

昔は Lightwave3D 6.0を使ってモデリングして(してもらって)いました。Lightwave3Dでもプラグインを入れて、UVで貼れたはずなのですが、理由は忘れましたが、「でかる」というツールを使ってテクスチャを貼ってもらっていました。当時、これはかなり重宝しました。

idn_20141110_3.png

当時、LW3Dは変態インタフェースで有名でしたが、今振り返ってみても、そんなに変態だとは思いません。Blenderも右クリックで選択という負けず劣らずのド変態なので、今のメインがBlenderなのも何かの因縁を感じます。まあ、慣れればそんなものかと。LW3Dのドングルがパラレルでw 今のPCでは使えない(USBドングルにすれば使える)のですが、今からLW3D 6.x には戻れないなあということで放置中。

今日はこの辺で。



コメント(2)

はじめまして。
久しぶりのプレイで感動したので書きました!
このゲームとの出会いは小1のパソコン室で約14年前です。
当時これを落とし動かせるほどのPCとネット環境が無く、
ゲーム機を持っていなかった自分にとってパソコン室開放日は非常に楽しみなものでした!

今情報系の学科にいて、自分の進路に影響を及ぼしたものの一つといっても過言ではない自分史の名作です!
すでにwin7でversion 1.0.2が動かせたのですが、プロジェクトも楽しみにしてます!

2014/11/15 11:49

SU-IIIさん、ありがとうございます。
そういう話を聞くと、随分と時間が経過したなと実感しますね。
Windows7で動いたようですが、動かない環境も多くあるので、頑張って作り上げようと思っています。

2014/11/18 8:37

コメントする

Yo Namikaze Channel

アフィリエイト

Twitter

最近のコメント