top page



プロフィール

Yo./Namikaze Project

Namikaze Projectの萌え系プログラマ。ご意見などありましたら、記事にコメントあるいは、twitter(@yo_namikaze)、メール(yo@namikaze.org)にお願い致します。


開発環境など

C++, Blender, Unity, DirectX, Windows7

カレンダー

<   2014年12月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

旧ブログへのリンク

Yo.'s Game Development Diary

購読(RSS)

Powered by Movable Type 5.2.9

[Idinaloq] 進捗 2014/12/02

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は文字ばかりです。派手な進捗は無いですが、細かいコード修正をしています。15年前に作ったIdinaloqは、ソースを綺麗にする事を考えずに、勢いで作ってしまった感が多々ありまして。


例えばメニュー用のジョイスティック入力とか、元のコードはボタンを離したとかいうコードが隠蔽されておらずメインの処理にそのまま入っていて、うーむ(笑)という感じになりながら書き直しをしていました。まあ大した修正じゃないので、コードは掲載しません。Unityだと、Input.GetButtonDown("Fire1") とかやれば、そんなことは意識せず出来るので楽ですね。

ちょっと齧った程度のUnityですが、リソース管理など面倒な所のサポートが充実しているので楽ですよね。まあ、C++でやる時もその辺を作れば良い話ではありますが、統合環境なのが素晴らしいです。敷居が低いのは事実ですね。

Unityの開発からVC++での開発に戻ったのは、無料版ではUnityのロゴが出るのと、ムービー再生周り(アセットでアレコレすれば出来るっぽいですが)。その辺が諦められず、IdinaloqはUnityで作り始めたものを放置して、Windows向けにVC++で作る事にしました。昔はLightwave3D 6.xを購入するとか、ツール類にはバンバン投資していたのですけどねー。

いやしかし、最近は良い時代ですよね。Windowsのアプリケーションを作成できるフリーのツールがあり、さらに、使いこなせるかどうか無料版で試してみて、有料版に切り替えられる、といったパスがあるツールが存在するので。昔は、VC++も(古くはMSCから)有料で、布施的にバージョンアップが必要だったし(TPもDelphiもw)、まず投資があって、それから使いこなす必要があったので、ハードルが高すぎだったと思います。

で、Idinaloqですが、実はリソースを改変して楽しんでくれている海外の方も居られるので(ずいぶん古いですが)、データの暗号化、パックデータ化は行わないつもりです。決して手抜きでは無い(笑)。ですから昔同様、データ見放題です。再利用はダメですけどね。.mqo と .x が混在することになるかもですが。

うーん、Movable Typeで以下が仕込まれているのだけれど、記事を登録しても、「人気ブログランキング」にこのファイルを見に行ってもらえていない感じ。何故だろう...。

<link rel="alternate" type="application/atom+xml" title="Recent Entries" href="http://www.namikaze.org/moe_game_programming/atom.xml" />

今日はこの辺で。ではでは。

【追記:2014/12/03】 原因判明。「人気ブログランキング」がAtomに対応していなくて、RSS2.0じゃないとダメとのこと。で、対応出来たつもり。結果が確認できるのはまた明日かな。ココログからnamikaze.org上に移動した甲斐あって、こういうのにサクっと対応出来るのはうれしい所。pingも記事に連動して出せますしね。ほくほく。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.namikaze.org/mt/mt-tb.cgi/3

コメントする

Yo Namikaze Channel

アフィリエイト

Twitter