top page



プロフィール

Yo./Namikaze Project

Namikaze Projectの萌え系プログラマ。ご意見などありましたら、記事にコメントあるいは、twitter(@yo_namikaze)、メール(yo@namikaze.org)にお願い致します。


開発環境など

C++, Blender, Unity, DirectX, Windows7

カレンダー

<   2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

旧ブログへのリンク

Yo.'s Game Development Diary

購読(RSS)

Powered by Movable Type 5.2.9

gamekitの最近のブログ記事

[Idinaloq] 進捗 2014/12/15

| コメント(0) | トラックバック(0)

3Dオブジェクトを管理するクラスを作り直し中です。もうしばらくかかりそうです。内部設計の変更なので、目に見えるような進捗になりませんが、これが終わらないと色々収拾がつかなくなるので、ここは落ち着いて進めたいと思います。

3Dといえば、旧イディナロークは、オイラー角でオブジェクトをコントロールしていて、しかもDirectX6のDirect3DRMにおんぶにだっこでした。なので、実のところあまり困った記憶が無かったのですが、時を経て改めて作ってみたところ、どうもうまく回転しないな、などと思っていたのでした。パイロット選択画面では、pitch-30度、yaw-80度、rollは少しづつ行います。回転する順序を変えて誤魔化して乗り切っていたのですがw、ローカル座標で任意軸回転させたほうが楽なので、素直にクオーターニオンを導入しました(←いまここ)。過去を振り返ると、イディナロークの様な、動きの少ないw 3Dオブジェクトを使用した2Dシューティングは、ダイナミックな動きが無かったおかげでオイラー角制御でもなんとかなってしまっていたのかなと思います。

ライブラリとかエンジンとかの話。3D描画エンジンであるD3DRMはとうの昔になく、そして後続のD3DXも無くなりましたね。Direct3D Retained Mode(D3DRM)がサポートされなくなった代わりにD3DXがリリースされた時、同じことになるような気はしていましたが、思いのほか長生きしましたね。DirectXの関数にせよ、ライブラリを生で使うのもライブラリに依存するのでマズい、と毎回思うので、今回はしっかりやろうと思います。まあ、ラッパ関数の作成と、ライブラリを作るだけなんですけれどね。これは、D3DRMに依存しすぎ、しかもD3DRMの関数がコードにガチガチに複雑に入り組んでいる為、D3DRMを模擬するライブラリを作るのもキツイ(RMを全部作ることになる)という状況を次に起こさないようにする為でもあります。同じような感覚を、実はUnityにも感じていたりします。ライブラリを使って楽をするならば、やはり、ソースコードがある方が安心できますが、エンジンのソースが無いので、最悪でも、C#やBooで書いて、Unityが無くなってもアプリケーション部分をある程度使いまわせるようなコードにする必要はありそうです。ソースがあるゲームエンジンとしては、Blender+Bullet+Ogre3D+Luaのgamekit(Ogrekit)は開発が明らかに止まっていますし、Blender Game Engineで作るには、広く頒布するには若干のハードルがあったりします。

とまあ、こういう話は楽しいのですが、今はWindowsプラットフォーム向けにWindows依存でガリガリ書いていきます。次回作る際に悩むことにしましょう。

今日はこの辺で。
ではでは。



   

Gamekit (OgreKit)

| コメント(0)

GameKit(OgreKit)は、3DエンジンのOgre3D、物理エンジンにbullet、サウンドにOpenALを使用したゲームエンジン。Blenderのアドオンが用意されていて、ロジックブリックを使用可能、スクリプティングをLuaで書けるようにした環境でゲーム作成が出来るようになっている。
エンジンはC++、Luaから呼ぶことも出来る。

ogrekit_2.png

http://code.google.com/p/gamekit/

【インストールメモ】

●OgreKitを拾ってくる。

ここから、最新版のソースを拾ってくる。 http://gamekit.googlecode.com/svn/trunk/

●cmake (http://cmake.org)

たとえば、cmake . -G "Visual Studio 10" とする。
VC++の .sln ファイルが作成される。

●VC++でフルビルド

まず、OGREKIT.slnをVC++で開く。依存関係などのスキャンが入ったあと、フルビルドする。
Expressでもビルドできる。

●Blenderをインストール

Blender 2.69を拾ってくる。 Blenderはzipで拾ってきて展開するのが後々問題が少ないのが経験則。
拾ってきたOgreKitのフォルダに、BlenderAddonフォルダがあるので、配下にあるgame_gamekitフォルダ、data.pyを、Blenderをインストールしたフォルダ\2.69\scripts 以下にコピー。

●Blenderをインストールしたフォルダの直下に例えば、OgreKit\ を作成

●OgreKitの実行ファイルを作成したフォルダ以下にコピー

 Samples\Runtime\Debug\AppOgreKit.exe

●BlenderのAddonを有効にする。

File - User Preference - Addons - Game Engine - Gamekit engine

●Blenderを開く。

●レンダリングエンジンにGamekitを選択。

●Gamekit RuntimeのRuntimeに、先ほどおいたSamples\Runtime\Debug\AppOgreKit.exeを指定



   

Yo Namikaze Channel

アフィリエイト

Twitter

最近のコメント